どこでも起きる排水管の水漏れ

どこでも起きる排水管の水漏れ 家庭の中にはさまざまな設備が存在しています。水道を使用している設備も色々とありますが、生活で水を使用する機会は多いです。そのように使用した水を流す設備が排水管です。排水管がなければ、汚れた水を流すことができず、悪臭などのトラブルが起こります。水を流す以上、水漏れを起こしてしまう可能性は否定することができません。普段から気をつける必要があり、何かあった時には対策ができるようにしておかなければいけないでしょう。

■使用した水を流す大事な設備

排水管は、水回りで使用して出た汚水を下水へと流していくための設備です。大事な設備ではありますが、水道管とはさまざまな点で違いがあります。その違いを理解しておかないと、水漏れを起こした時にも発見できないことが考えられます。
大きな違いとしては、水道管は水圧を掛けて圧送しています。水は高いところから低いところへと流れていく性質を持っているため、そのままでは自由に流すことができません。そこで圧力をかけて水道管で送られてきます。ところが、排水管にはそのような力が必要ありません。使用した水を流すことができればいいため、排水管には圧力がかかっていないのが特徴です。

■常時流れていないことが大きな違い
排水管が水漏れを起こしている状況でも、常に水が流れているわけではない排水管は、なかなか原因箇所を見つけることができなくなります。水漏れは、水が流れているときにしか発見できないためです。もちろん、悪臭などで気が付くことはありますが、正確な位置は水が流れて初めて判断ができます。素人が見つけることが難しいのも、実はこうした特徴がポイントになるためです。
最初のうちはほんのわずかしか流れていなくても、だんだんと大量の水漏れにつながっていく可能性も高いです。放置しておくことはできませんが、気が付いたときには、大量の水が流れ出しているという状況になりかねません。排水管の水漏れは被害が大きいため、何か異変を見つけた時には、できるだけ早い対処が必要になってくるでしょう。

■そのままで回復することはない

水が漏れだしてしまう理由は色々とあります。管をいくつかつないで作っているため、隙間ができてしまうといったことも考えられます。使っているうちに劣化もしてきますし、何らかの力がかかり、外れてしまうことも起きます。接着剤が劣化して隙間ができることで漏れだしてくる可能性もゼロではありません。管が劣化してひびが入ってくることも考えられます。アクリル管を使うことが一般的ですが、地震などの力が働くことで、割れてしまう可能性もあります。そうなると、隙間ができるようになり、どうしても水漏れが起きてしまいます。
水漏れは、そのままにしておいても回復することはありません。隙間ができたり、割れてしまった部分は、自然に直ることはなく徐々に悪化していきます。そうなるとどんどん漏れてくる量が増えていき、損害は大きくなっていくのが一般的です。排水だからといって、少量しか流れてこないとは限りません。大量に使えば、それだけ流れ出してくることになるため、損傷した部分は早期の修理が必要になります。

■まとめ
排水管の水漏れは、できるだけ早い修理が必要です。使用した水が流れるということで、水道管の水が流れるのとは違った損害を生み出します。特に危惧しなければいけないのは、臭いを含めた健康被害でしょう。害虫が上がってきてしまうような危険性まで出てくるため、調査を含めて早期に対策を講じていく必要があります。どんな時に起こるのか、知識を持っておくことも大切であるため、参考にしながら普段から対策を考えておくとトラブルを適切に対処できます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース